FC2ブログ

◆◇ INFORMATION ◇◆

【最新情報移行のお知らせ】
当社㈱大阪フェルナンデスの最新情報は下記、SNSより発信中!!

◆twitter
https://twitter.com/OSAKA_FERNANDES

◆facebook page
https://www.facebook.com/osakafernandes/

こちらでのフォロー、いいね!をお願いします!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

FRTの見分け方 ⑤              By Rojin Powder

まいどです。Rojinです。
前回FRTの見分け方を書いたのが7月はじめだったので、3ケ月もたってしまいました。
その間 暑い夏をくぐって、最近やっと涼しくなってきました。

さて今回は、FLOYD ROSE時代の後、HEAD CRASHERシリーズ時代の見分け方のお話をいたします。

その前にひとつHEAD CRASHERのまめ知識。

フェルナンデスがFRTを始めた時から、
FLOYD ROSE と一味違ったフェルナンデス・オリジナルFRTを販売しています。
ナット部では弦ロックするが、サドル部では弦をロックしない、ファインチューナーの無いFRTを
HEAD BANKER(FRT-2)と命名し、1982年に発表しました。

さらに1985年には、ナット部では弦ロックするがサドル部では弦をロックしない、
ファインチューナーのついたFRT”HEAD CRASHER”(FRT-6)の発売を開始しました。
このHEAD CRASHER というFRTのネーミングを、後にシリーズとして採用したのです。

フェルナンデスが「FLOYD ROSEブランド」を製作・販売していたのを止め、
フェルナンデス・ブランドのFRTの販売に移行した時期が、1987年でした。
それから後「LICENSED UNDER FLOYD ROSE PATENTS」のFRTに移行する
1994年までの間、FRTのプレートに書かれていたのが、
”HEAD CRASHER” です。

HC FRT-6
まずこれが、初代のHEAD CRASHER FRT-6です。1985年発売です。
特徴は先ほども書きましたが、サドル部では弦をロックしません。
そして、弦はボールエンドを切ることなく、サドルの後ろに付いている長いパイプの中を通します。
ナットは、#2です。
このユニットパーツは、一通りそろっています。

そして時が経ち、HEAD CRASHER シリーズとして最初に登場したのが、下記のFRT-4です。
FLOYD ROSE 時代のFRT-4や後のFERNANDES FRT-4と区別する意味で、
HEAD CRASHER FRT-4と呼ぶことにします。略してHC FRT-4です。

HC FRT-4
このHC FRT-4から
左側のスタッドスクリューと接するナイフエッジがまっすぐの形になります。
右側は従来の通りU字型です。左側をまっすぐにした理由は諸説ありますが、
ここでは触れず、いつの日か説明いたします。
このプレートの形以外は、フェルナンデスが製作していたFLOYD ROSEFRT-7と同形です。
ただしナット部は、#7となります。現在も使われているます。
ネックに貫通する穴をあけず、上からネジでナットを取り付けるタイプとなります。
従来の#2ナットに比べて、細身のナットです。

さて次は、フェルナンデスのアイデアが1つ加味された
HEDA CRASHER FRT-5です。
これまたFLORD ROSE FRT-5 やFERNANDES FRT-5PROと
区別する意味でこう呼ぶこととします。

HC FRT-5
HEAD CRASHER FRT-5は基本的に、HEAD CRASHER FRT-4と同型です。
違いは、先ほどフェルナンデスのアイデアと言いました
サドルの弦高を調整するイモネジを取りつけたことです。
HEAD CRASHER FRT-4とHEAD CRASHER FRT-5の画像を比べてみて下さい。
HEAD CRASHER FRT-4には、サドルの前部にサドルロッキングスクリューと、
サドルの間にもう一つ丸い穴があるのが分かると思います。
この穴の中に、弦高を調整するイモネジが仕込んであります。
「えっつ!FRTは、弦高調整ができなかったんですか?」という質問が出てくると思います。
そうなんです。フェルナンデスに限らず、FLOYD ROSEを含むすべてのFRTは、
各弦ごとの弦高が、調整できないのです。
では「どうして乗り切ってきたか」と言いますと、
想定する指板のR(アール、曲り具合)に近くなるように、
1弦6弦用、2弦5弦用、3弦4弦用と高さの異なるサドルを設定しているのです。
従って、各弦のプレートに対する高さは、固定されているのです。
ゆえに、各弦ごとの細かな高さ調整は、できません。
もっとも、大まかな弦高調整は、スタッドスクリューの上下で、調整は出来ます。

このイモネジがHC FRT-5とHC FRT-4との区別となります。

パーツとしては、HC FRT-5のサドルとアーム以外はそろいます。
ただし、HC FRT-5のサドルは、HC FRT-4サドルと互換性があります。
また、アームも、互換性のあるもので対応できます。
とりあえずは、間に合わせることができます。ご安心を。

HEAD CRASHER FRTには、HC FRT-7,9もあります。
これらは、1986年に登場したものです。
アームロックシステムが採用されています。
(トレモロユニット周りに黒いエスカッションがついています)
(アームにはツメを装着するようになっています)

HC FRT-7は、HC FRT-4に、
HC FRT-9は、HC FRT-6に
アームロックシステムを、搭載したデルです。
このエスカションとアームのツメが見分ける決めてとなります。

HC FRT-7
HC FRT-7です。見にくいですが、周りに黒いいかついエスカッションガ付いています。


HC FRT-9
HC FRT-9です。同じく黒いエスカッションがトレモロウニットの周りに付いています。

残念ながら、このアームロックシステムのパーツは、もう無かったと思います。
もっとも、このアームロックシステムが無くても、普通にFRTとして使えます。
このアームロックシステムについてもここではふれません。

こうご期待と、いうことにしておきましょう。

いやあ、ちょっと疲れてきました。
「次回につづく」にさせて下さい。    では。
2012-10-03 : Fernandes :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

㈱大阪フェルナンデスの中の人。

Author:㈱大阪フェルナンデスの中の人。
中津にひっそり。




6/6楽器の日ロゴ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

西日本限定・INFORMATION

★P-100DP P-100DB P-100GP★
P-100DP,P-100DB,P-100GP
P-100DB(ダイヤモンドブルー)
P-100DP(ダイヤモンドピンク)
P-100GP(グリーンパール)
材質はセルロイドの0.75mm
キラキラですよ、キラッキラ(*´ェ`*)
土地柄なのか好きな方多いですよね。
はい、ご期待通り(笑)西日本限定商品です。
ぜひお近くの楽器店さんへ♪


Twitter*FERNANDES公式

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。