FC2ブログ

◆◇ INFORMATION ◇◆

【最新情報移行のお知らせ】
当社㈱大阪フェルナンデスの最新情報は下記、SNSより発信中!!

◆twitter
https://twitter.com/OSAKA_FERNANDES

◆facebook page
https://www.facebook.com/osakafernandes/

こちらでのフォロー、いいね!をお願いします!!!!

ZO-3の歴史を、記憶をたどってみましょう。 ②

1991ZO3-P135
  1991年最初にカタログに掲載されたZO-3 (見開きの右側のページ P135)
   ※この当時のカタログが、一番ページが多く分厚かった)

ZO-3の最初の生産ロットは、300本でした。
とは言え、いきなりすべての本数が入荷したわけではありません。

最初に販売した月(1990年3月)の大阪フェルナンデス管轄(西日本地区)での、出荷数は57本でした。
全国レベルでは、100本程度でした。

それが、その年の年末にブレークしてしまうのです。
ZO-3に関しては、故 忌野清志郎さんが気に入ってくださり、早くからアピールしてくれていました。
使用されていたのは、ZO-3YELLOWだったような記憶があります。
多くのミュージシャンも「おもろい」ということで、手にとってもらえました。

そして、ついに全国の一般の人の目に触れる時を迎えました。
それは、年末の紅白歌合戦です。
ZO-3は、衝撃的に登場しました。
そうです。
「ちびまるこちゃん」のテーマソング「踊るポンポコリン」を歌ったビービークイーンズさん。
そのギタリスト近藤房之助さんが、ZO-3BLUEを持って演奏されたのです。
ここで、この時に、ZO-3は全国の方の目に留まり認知されたのです。

年が開けると、注文が殺到しました。
フェルナンデスでは、大増産をしました。
ZO-3(ぞうさん)の増産(ぞうさん)てな言葉も流行りました。(?ウソ )
しかし増産しても、エレキ(ZO-3もエレキです)はすぐに完成するのではなく、
実際 発注してから、出来上がるまで3ケ月~4ケ月かかります。
兎に角、納期におかまいなく増産し続けました。
1991年11月時点で、累計3万本。
1992年5月には、累計5万本。
1993年2月には、累計10万本販売を達成しました。
累計20万本達成キャンペーンもしました。
現在も脈々と活動し続けているぞーさんです。  

 次回につづく (次回は、累計20万本を達成した年と産地の変遷etcのお話をしましょう。)

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

2011-03-20 : ZO-3 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

㈱大阪フェルナンデスの中の人。

Author:㈱大阪フェルナンデスの中の人。
中津にひっそり。




6/6楽器の日ロゴ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

西日本限定・INFORMATION

★P-100DP P-100DB P-100GP★
P-100DP,P-100DB,P-100GP
P-100DB(ダイヤモンドブルー)
P-100DP(ダイヤモンドピンク)
P-100GP(グリーンパール)
材質はセルロイドの0.75mm
キラキラですよ、キラッキラ(*´ェ`*)
土地柄なのか好きな方多いですよね。
はい、ご期待通り(笑)西日本限定商品です。
ぜひお近くの楽器店さんへ♪


Twitter*FERNANDES公式

検索フォーム

QRコード

QR